2007年03月12日

みちのく路から、、、

飛び切り素敵な野菜を作る
素敵な人との出会い!!編。

今回の旅で知りあえた事を
ほんと幸せに感じた人がいました。
DSC03825.JPG

福島市で無農薬栽培の野菜を作ってる
須藤さんです。


彼女は大学で人文学を専攻、
そこで環境問題に触れ
さまざまな恵みをもたらす自然を守るためには、と
自分がするべきことを探し、
『地球にやさしい』というテーマで
農業を始めたんです。
ちなみに家業が農家さんではないのに
すごい決心だと思います。

一人で1500坪の畑で野菜を作ってる
忙しい中
農園を案内してくれて
たくさんのことを教えてもらいました

季節と大地がはぐくむ野菜こそ
そのときに人間が求める栄養を与えてくれ、
そして同時に一番美味しいときだということ。

確かに一年中スーパーに並んでる野菜ってありますよね

旬って言葉が最近はあまりにもあいまいです、
『走り』の野菜(出始めの野菜)が有難がれ
高値でも買われるんで
年々旬の時期が繰り上がってます

極端に言うと
化学肥料や除草剤 ハウスでの温度管理なんかすると
野菜って好きなときにできちゃうものなんです

でもそんな無理をすると土が持たない、、
地球がストレスを溜め込んでしまう。
なのに、また無理やり化学肥料なんか使って
野菜を作っちゃう

そうすると人が ビタミン採んなきゃ と思って野菜を食べても
十分な栄養なんか取れはしません

大地の恵みという言葉とはかけ離れてませんか?

アレルギーや癌を引き起こす有毒物質も
化学肥料と関係の無いものではないそうです。

須藤さんのとこでは
牡蠣や昆布大豆 鮫の軟骨など混ぜて発酵させた
有機肥料を作って畑に混ぜて
天然素材のミネラルがたくさん詰まった土を作ってます。
その土が
栄養価に富む美味しい野菜をはぐくんでくれるんですね

地球に優しいことが人に優しいそんなことを思って野菜を作られてる人なんです。

で 野菜の味ですよね
まだ土に埋まってるとこからちぎって
色々食べさせてもらいました

美味しい!!鮮烈!!

そして大地の豊かさ改めて感じ 
ありがとーーと叫んでしまいます

野菜から伝わる福島の風土の豊かな部分

福島の人が福島が好きな理由はこんなとこなのかなー
なんて思いました。

次回はやっとその畑の紹介ができそうです
posted by タカミ at 01:51| Comment(4) | TrackBack(1) | サクレからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みちのく紀行、楽しく読ませて頂きました。
サクレクールでの楽しみの一つは、メインにたっぷり添えられた野菜♪なのですが、やはり素材へのこだわりがあるからこそ、の美味しさなんでしょうね。
あと、お礼が遅くなってしまいましたが
先月娘の誕生祝いで伺った時には、素敵なお祝いをして頂きありがとうございました。思い出に残る誕生日になりました。
Posted by NAO at 2007年03月12日 18:47
ありがとうございます
でも今回の野菜との出会いは
ほんとかけがえの無いものになりました

みちのく編もうちょっと続きます
是非また見てください。
Posted by タカミ at 2007年03月13日 22:59
先日主人とランチに伺い、届いたばかりのお野菜を味見させて頂いた者です。
美味しいお料理とお野菜、どうもご馳走様でした!!
また是非お伺いしたいと思っています。
次回もどんな美味しい野菜料理を食べさせて頂けるか楽しみにしています。

P.S.先日の記事TBさせて頂きました。
Posted by takapyona at 2007年03月24日 09:19
takapyonaさんへ
先日はありがとうございました
届いたばかりのお野菜がうれしくて
デザート召し上がられた後だったのに
無理やり食べてもらって
すみませんでした
お野菜定期的に入ることになりましたんで
また是非食べてくださいね!
Posted by タカミ at 2007年03月25日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

野菜が美味しい奥沢のフレンチ 『サクレクール』 《 奥沢 in 東京 》
Excerpt:   人気blogランキングへ  日曜(2007/3/11)のランチは、久々に奥沢のフレンチ『奥沢サクレクール』に行きました。前回初めて来た時にとても気に入り、是非また再訪したいと思っていた..
Weblog: takapyonaの美味的生活
Tracked: 2007-03-24 09:11